まいほーむぺーじ辞典|タイトル






 

ページ作成に必要な物

ホームページの作り方でまず用意するものは、これっ!

ホームページを作ろうとした時に、最低限用意しておきたいものはなんでしょうか?

例えば、作文を書こうとした時に必要なものは紙と鉛筆。それから消しゴムやちょっとしたイラストなんかを入れたければ、定規なんかもあるといいかも。ホームページを作る時にも必要なものはいくつかあります。でも、わざわざ外に買いに出かけなくても良さそうですよね。

ホームページを作る道具は、なんとあなたのパソコンの中に入っています。どこにも買い物に行かずにホームページが作れちゃうんだから、結構お手軽!もちろん、もっと便利な道具を販売してるお店もありますが、とりあえずはパソコンの中の道具で充分ですよ!あなたが何か作文でも日記でも書こうとしたとしましょう。まず、何を探すでしょうか?そうです、紙と鉛筆ですよね。

ホームページ作りでも、結局は同じことなんです。自分の考えたことを何かに書いて、思ったように表現していきます。それでは、鉛筆は何になるでしょう?あまりにもあっけない答えのようですが、、、今お使いのパソコンのキーボードが鉛筆ってことになります。

キーボードってありますよね「んじゃ紙は画面かいっ!」って感じですが、パソコンの画面はいつでも鉛筆(キーボード)で書けるわけではないのでちょっと違うかな?ページ作成をする前に私が実際使用しているおすすソフトを紹介しておきますね。

・Dreamweaver

いわずと知れたホームページ編集ソフト。サイト単位で検索置換できるのが良いとこです。大規模な(ページが200ページ以上もあるような)サイトを作る場合は必須になるでしょう。 4万円以上するのと多機能な為、初心者にはとっつきにくいかも。

・terapad(フリーソフト)

かなり使いやすくそしてフリーです。編集はほとんどこのソフトを使っています。

・FFFTP(フリーソフト)

こちらもいわずとしれたFTPソフトと言えるでしょう。そして、これもフリーです。

 

MACな方はコチラ!

・mi(フリーソフト)

テキスト編集ソフトで、HTML、CSS、Perl等々に対応していて使いやすい。MAC環境で編集する際はこれが便利ですよ!

・Fetch

MACのFTPソフトならコレがおススメです。有料ですが使いやすく、何と言ってもワンちゃんがカワいい!

どれも絶対使わなきゃダメ!というソフトではないので、皆さんの使いやすいもので結構なんですが、 Dreamweaverやホームページビルダーを使っている人はHTMLのソースを手打ち出来た方が良いと思います。いやむしろ手打ちでしてください。
理由はDreamweaverやホームページビルダーのソフトを使用してデザインを作ってしまうと余計なソースができてしまいSEOの効果が薄れてしまうんです。

これを機会にHTML辞典のような参考本を一冊購入してみるのも一つの案でしょうね。結構便利ですよ。あとは「とほほのWWW入門」で。初心者向けのホームページ作成のサイトです。このサイトもかなり参考になると評判です。

ページ作成前に勝負は決まります

「よーし!では早速ホームページ作ったてやろうじゃないの!」と意気込むところですが、その前にまずやる事があります。その“やる事”とは 『どのようなキーワードで検索に引っかかるようにするか決める』ということなんです。

検索のキーワードを決めるポイントは以下の3つになります。

・『ユーザーがどのようなキーワードで検索をするのだろうか』
・『どのようなキーワードで"濃い"お客さんが来るのか』
・『そのキーワードで上位表示することは可能だろうか』

なんだかめんどくさそうだなぁ。。。と思うかもしれませんが、一つ一つどういう事か見て行きます。

まず一つ目の『ユーザーがどのようなキーワードで検索をするのか』という項目ですが、実際にサイトを運営している人とインターネットを利用する側の人とで『キーワード』に違いが生じてしまったら、せっかく上位表示されても誰も見に来てくれないということです。ですが、客観的に物事を考えるという事は、少し難しく思えてしまいますよね。

これはオーバーチュアーというリスティング広告の…って話はとりあえず後にして。
ここにキーワードを入力するとそのキーワードの月間検索数(予測値)関連するキーワードが表示されます。
このツールを参考にいくつかキーワードの候補を探してみるのです。

次に、、、『どのようなキーワードで"濃い"お客さんが来るのだろうか』という点です。まずここで言う“濃いお客さん”というのは商用サイトであれば「商品を購入してくれる人」や「サービスを利用してくれる人」を言います。これも検索キーワードの選び方次第で大きく左右されてくるのです。

例えば、、、あなたが沖縄でリゾートホテルを経営していたとして、ホームページを作成したとしますよね。その際の検索で
「リゾートホテル」と検索して見に来てくれた人より「沖縄 ホテル」と検索して見にきてくれた人が泊まりに来てくれる可能性が高いでしょう。

「ホテル」と検索した人は「沖縄以外のホテルを探している」「ホテルの写真をさがしている」「ホテルの経営をしてみたい」など、後半少し強引でしたが、このようにアクセス数が多くても実際にお客さんになる可能性は低くなるでしょう。ホテルは世界中どこにでもありますからね。逆に「沖縄 ホテル」と検索した人は「沖縄でホテルを探している」可能性が高いと言う事です。「ホテル 沖縄 宿泊」なんてキーワードだったらもっと高くなるでしょうね。

最後に、、、『そのキーワードで上位表示することは可能か』という点についてですが、「SEOは広告と違って誰でも努力すればお金を使わずに上位表示は可能!』と昔は言われていました。が!ここでハッキリ言っておきましょう。『上位表示が不可能なキーワードも実はあるのです!』

少しガッカリさせてしまったかもしれませんがこれは事実なんです。なぜかというとSEOの世界には「SEO業者」というプロが存在していて月ウン十万で上位表示を請け負っている会社がいくつも存在するからです。素人に比べて彼らのほうがノウハウもあり圧倒的に有利になりますよね。

具体的に上位表示が困難なキーワードは、キーワードアドバイスツールで月間検索数が5万回以上であったり、商用色が強いキーワードは上位表示は困難になります。1〜3万回程度でキーワードが複数の(「旅館 熱海」のような)ものが狙い目かもしれませんね。以上のことから、既にホームページをお持ちの方も今から作る方も、もう一度自分のサイトにとってベストなキーワードを考えてみましょう。

ページのトップへ




作る前に用意するもの|SEOって何?|SEO業者の比較や賢い選び方|スパムって何?|ホームページ用語集|リンクについて|ホームページ製作の豆知識|ホーム
Copyright (C) 2008 HP jiten.com. All Rights Reserved.